作者別: admin

おすすめの通信制高校のサイト

Published / by admin

イラストAC

飛鳥未来高校って知ってますか?

通信制高校の中ではかなりの有名校で、大手の三幸学園グループが運営しています。

大規模な学校なので色々選択することができますよ。

例えば「トライアルレッスン」では各分野の授業をお試しで受けることができます。

それは普通科だけでなく、美容師免許取得コースといった専門学校のようなコースも選べるんです!

大規模な学校ならではのメリットですね

通信制高校のおすすめサイト

 

イラストAC

さて、このような情報をどこから仕入れているかというとネットのサイトからです。

お気に入りはいくつかありますが、

最近の一押しは東京のオススメの通信制高校です!

東京都に住む人を対象に、通信制高校に関する情報を詰め込んだサイトですよー

通信制高校は比較が大事

イラストAC

「東京のオススメの通信制高校」にも書いていますが、通信制高校は何といっても比較が大事です!なんせ数が多いですから・・・(汗)

比較するポイントはこちらです!

  • 私立と公立
    学費の違いが1番大きいです。公立は約10万円(3年間)、私立は約40万円(3年間)です。
  • 通学範囲
    スクーリングという対面での授業が年間少なくても20日程あります。なので通学に無理のない範囲の高校がおすすめです。
  • 学習内容
    大学進学コースや美容専門コースなど、様々な学科やコースが設けてあります。自身の興味があるコースを選びましょう。
  • サポート
    通信制高校は自分から勉強を行う必要があるので、そのうち学意欲を失ってしまうことがよくあります。そんなとき心強いのがサポートの厚い学校です!勉強だけでなく進路相談も行えるかなど、注目ポイントです。

 

そして、1番注意することはサイトだけでは情報が足りないということです。

資料請求!パンフレットが大事

イラストAC

通信制高校は選ぶプランによって価格も大きく変わります。なので1つの学校だけでも情報量は盛沢山なんです!

なので、サイトに全部載せるのは大変なんです。

そこで便利なのはやはり紙媒体!具体的にはパンフレットです。

ネットに比べて圧倒的過ぎる情報量です!

通信制高校を選ぶ際、パンフレットの請求は絶対なんです(と、サイトに書いてました)

ネットの情報だけで決めるのは危険ですよー

パンフレットで自身のベストな学校を選んでくださいね。

東京でも人気のルネサンス高校とは?

Published / by admin

通信制高校で最も人気のある通信制高校って知っていますか?ルネサンス高校です。通称ルネ高です。

東京にはルネサンス高校は代々木に提携キャンパスがあります。代々木駅や南新宿駅、新宿駅から徒歩圏内で通いやすいです。

ルネサンス高校の人気の理由はメディア学習が充実していること。タブレットやスマホ、パソコンでネット学習できます。

通信制高校で高校卒業資格を得るためには、レポートの提出が必要となります。多くの通信制高校は、郵送の提出が多いですが、ルネサンス高校ではネット学習のため郵送の提出は必要なくネットを使って提出します。

ルネサンス高校の特徴はスクーリング多くの通信制高校では年間20日前後の登校が必要となりますが、ルネサンス高校ではメディア学習を行うことにより、たった4日通うだけで卒業が可能です。

ちなみにスクーリングとは、先生から直接指導を受ける必須の登校日のことです。

ルネサンス高校のスクーリングは、茨城県大子町にあるルネサンス高校で年4日(3泊4日)、集中的に行います。

スクーリングは東京駅に集合し、チャーターバスで学校まで移動するため、初めて参加する方も安心で、修学旅行気分で参加できます。

また、ルネサンス高等学校は部活動や修学旅行、文化祭等、課外活動が充実しています。特に文化祭はフリマやワークショップ、文化祭の定番のお化け屋敷なんかもあります。

フットサル同好会やeスポーツクラブというようなサークル活動もありますよ。

週5コースがある通信制高校が最近人気らしい

Published / by admin

通信制高校は年々増えてきています。特に東京には様々な種類の通信制高校があって選択肢が非常に多くて逆に迷ってしまいます。

面白いと思ったのが週5コースが用意された通信制高校・サポート校があるということ。「1度しかない高校生活を楽しみたい」「学校に登校して生活リズムを整えたい」などの理由から毎日登校したい方向けにあるんだそうです。

もはや通信制じゃない感じもしますが、不登校やいじめなどで通信制高校に転校する方も増えており、学校での青春を満喫したいという要望から、最近は週5通う通信制高校の人気が高まっているそうです。

毎日学校に通うことで先生からしっかりサポートしてもらうことができ、勉強の遅れもなく卒業率も高いというメリットがありますよね。

その週5コースがある東京の通信制高校の中で良いなと思ったのがルネサンス高等学校です。ルネサンスは代々木駅からすぐのところにあって週5コースでも通いやすいです。レポートをパソコンやタブレット、スマートフォンなど様々なデバイスから提出ができるシステムで、しかもタブレットは全員に配られるそうです。

コースも大学進学コース、英会話コース、美容師養成コース、パソコン実用コース、ビューティコース、芸能コース、ボーカリストコース、海外留学コースとたくさんあるので自分に合った勉強ができます。

しかも国が負担する高等学校就学支援金制度の対象校となっているので非常に安く学校に通うことができます。入学金・授業料のほかにも一般的には施設設備費・教育関連諸費等の諸経費が必要になってきますがこの、高等学校等就学支援金制度を受ければ授業料の一部が減額されるので金銭的負担を減らして学校に通うことができます。

東京のユニークな通信制高校

Published / by admin

通信制高校には一般の普通科以外にもたくさんの学科があります。今回は一風変わったユニークな学科をご紹介いたします。

志成館高等学院東京校

志成館高等学院には製菓製パン科があります。製菓・製パンの知識や技術が身につけられるコース。高校卒業を目指しながら、本格的な実践教育にて職人を育成します。

KTCおおぞら高等学院

KTCおおぞら高等学院にはみらい学科があります。子ども・福祉・プログラミング・ビジネスマナー・マンガイラスト・ネイルの5つのなりたい大人コースがあります。

なぜ「みらい」なのかというと、今は明確ではないかもしれないけれど、将来の夢や目標をもって高校生活をおくりたいという人のために作られた学科だからです。

中央アートアカデミー高等部

中央アートアカデミー高等部は中央高等学院の専門コースとして誕生しました。ネイル&ビューティーコースからゲーム&アプリコースまであります。服装は自由ですが、セシルマクビーがデザインした制服もあります。

バンタン高等学院ドローン&ロボティクス専攻

バンタン高等学院は日本初のドローンの高校です。ドローンとロボティクスの専門教育を行い、柔軟な発想力と最先端のIT技術を駆使してイノベーションを創出できる人材を育成しています。

JTB Next Creation高等学園

JTB Next Creation高等学園は声優を目指す人のための高校です。声優養成所・声優プロダクションが直接運営しているため、現場で通用する実践的な授業を通して、最速デビューを目指せます。

通信制高校の選び方、教えます!

Published / by admin

都内に住む正則です。

子供を通信制高校に通わせようと思ったとき、普通の高校とはちょっと違うので、何を基準に選んだらいいのかがわからないという方は多いのではないでしょうか。

一般の高校であれば、学校の雰囲気や通っている生徒さんたちの雰囲気、先生などを見て、通いたいと思って選んだりするかと思います。中には偏差値が自分のレベルにあった高校だからという人もいるでしょうね。

しかし、通信制高校は、基本的には学校に通うことはありません。ただ、スクーリングといわれる「登校する日」というのは決められていて、一般的には毎週日曜日のみ、週一回が最も一般的なので、あまり学校に通うことがないのです。

その為、選び方は一般の高校とは変わってくるのです。

では、そんな通信制高校はどういった基準で選べばいいのでしょうか。

まずポイントはいくつかあるのですが、主に「学費で選ぶ」「通学範囲で選ぶ」というのが一般的ですね。

学費で選ぶ場合、私立高校か公立高校かで変わってきます。この辺は全日制と同様です。

一般期には、公立高校の場合は3年間で10万円程度、私立高校では3年間で40万円~100万円くらいです。

ただし、通信制高校は自学自習、自己責任で卒業を目指すのが基本的なので、卒業が難しい場合もあります。

次に通学範囲ですが、これは広域通信制高校と、狭域通信制高校とあります。

広域の通信制高校であれば全国又は、3つくらいの県の生徒を募集していますし、狭域通信制高校は、高校の所在地プラス1つの県の生徒を募集しています。

住んでいる地域が通信制を行っている高校が少ない場合は広域通信制を選択する方がいいでしょうし、比較的近場にあるなら狭域通信制の方がいいかと思います。

このように住んでいる地域や学費で選んであげると、意外と選ぶところは絞られてきて、選択しやすくなっていきます。

ただ、広域通信制であってもスクーリングは年間で20日程度はあるので、無理がない場所を選んであげるようにしましょう。

次回はその他の選び方についても紹介していこうと思います。